コンサート情報 CONCERT

川崎定期演奏会 第70回
Kawasaki Subscription Concert Series No.70

  • English

ミューザ川崎シンフォニーホール

2019年07月21日(日)14:00 開演 

出演
曲目

J.シュトラウスⅡ:芸術家の生涯 op.316
リゲティ:レクイエム
タリス:スペム・イン・アリウム(40声のモテット)
R.シュトラウス:死と変容 op.24

■公演のチラシはこちら
■《音楽監督ジョナサン・ノット 対談シリーズ⑦》音楽監督ジョナサン・ノット 7月演奏会を語る
■《7月定期・川崎定期演奏会プログラミングを解く!》音楽で辿る近代史の終着点として~7月定期プログラミングを巡る試論

7/20(土)6:00p.m.第672回 定期演奏会 も同プログラムにて開催

概要

R.シュトラウスの「死と変容」は、ある芸術家が死の床で人生を回想する内容の交響詩。J.シュトラウスの「芸術家の生涯」と呼応し、「レクイエム」や「スペム・イン・アリウム」と繋がり、1つの大きなストーリーとなる。ノット監督渾身のプログラムは絶妙!

*当公演は公益財団法人アフィニス文化財団の助成を受けています。

【アフィニス エンブレム選考理由】
モーツァルトからマーラーまで、王道レパートリーのいずれもが高く評価されているジョナサン・ノットだが、もともと彼がリゲティのスペシャリストであったことを忘れてはならない。2014年に東京交響楽団の音楽監督に就任して以来、たびたびリゲティ作品を手掛けてきたノットが、今年ついに大作「レクイエム」に挑戦する。ユダヤ人が書いたカトリックのミサ曲は、「死」「人生」というキーワードで結び付けられた魅力的な作品群と並べられた時、どのような輝きを放つのだろうか。これを聴きのがすわけにはいかない。
(アフィニス文化財団 オーケストラ助成委員 沼野雄司)

チケット
  • S¥10,000
  • A¥8000
  • B¥5,000
  • C¥4,000
  • 東響会員割引
  • 選べるプラン
  • ハート割引
  • 託児サービス
    <選べるプラン・1回券>
    一般発売・・・2018年12/4(火) 東響会員先行発売・・・11/27(火) 

    <定期会員券(10公演)>
    一般発売・・・2018年10/30(火) 東響会員先行発売・・・10/23(火)
    *定期会員券の取扱はTOKYO SYMPHONY チケットセンターのみ

    ■託児サービス(要予約・有料)のお申込み・お問合せはこちら
プレイガイド
ミューザ川崎シンフォニーホール 044-520-0200
チケットぴあ 0570-02-9999
イープラス
ローソンチケット 0570-000-407
楽天チケット
主催等
Title

Kawasaki Subscription Concert Series No.70

Date

Sun. 21st July 2019, 2:00p.m.

Hall

Muza Kawasaki Symphony Hall

Artist

Conductor = Jonathan Nott
Soprano = Sarah Wegener
Mezzosoprano = Tanja Ariane Baumgartner
Chorus = Tokyo Symphony Chorus

Program

J.Strauss II : Künstlerleben, op.316
G. Ligeti: Requiem
T.Tallis : Spem in alium
R.Strauss : Tod und Verklärung, op.24

カレンダー・コンサート検索
Nov.2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT

出演者名、ホール名、楽器名から検索できます。

※複数キーワードを入力する場合 は、間にスペースを入れてください。