楽団について ABOUT TSO

指揮者

  • Japanese
  • English

ジョナサン・ノット 音楽監督

ジョナサン・ノットは2011年10月定期/川崎定期演奏会におけるラヴェル「ダフニスとクロエ(全曲)」などを指揮して東京交響楽団にデビュー。この共演が決定的となり、翌2012年10月には次期音楽監督の就任を発表。2014年度シーズンより東京交響楽団第3代音楽監督を務める。2015年度は、出演した全ての定期演奏会が批評家によるコンサート・ベストテン(「音楽の友」誌上)で多くの票を集めるなど、今最も目が離せない指揮者である。

1962年イギリス生まれ。ケンブリッジ大学で音楽を専攻し、マンチェスターのロイヤル・ノーザン・カレッジでは声楽とフルートを学び、その後ロンドンで指揮を学んだ。ドイツのフランクフルト歌劇場とヴィースバーデン・ヘッセン州立劇場で指揮者としてのキャリアをスタートし、オペラ作品に数多く取り組む。1997年~2002年ルツェルン交響楽団首席指揮者兼ルツェルン劇場音楽監督、2000年~2003年アンサンブル・アンテルコンタンポラン音楽監督(2004年~2006年は客演指揮者)、2000年~2016年ドイツ・バンベルク交響楽団首席指揮者。2017年1月にスイス・ロマンド管弦楽団の音楽監督に就任した。

2010年、バンベルク響とのCD「マーラー交響曲第9番」を世界で権威あるフランスのMidem音楽賞最優秀交響曲・管弦楽作品部門賞受賞へ導き、オーケストラの名を一躍広めた。古典から現代曲まで幅広いレパートリーと抜群のプログラミングセンスを持つノットは、その多岐にわたる活躍が評価され、2009年バイエルン文化賞が贈られたほか、2016年7月にバンベルク大聖堂にて開催された同響とのラストコンサートでは、大司教より功労勲章が授与された。

ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、ニューヨーク・フィル、シカゴ響、ロサンゼルス・フィル、フィラデルフィア管、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、バーミンガム市響、チューリヒ・トーンハレ管、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、ドレスデン・シュターツカペレ、バイエルン放送響、サンタ・チェチーリア管など世界一流のオーケストラと客演を重ねている。2016年6月にはD.ガッティの代役でウィーン・フィルへ客演し、ヨナス・カウフマンと共演した。

レコーディング活動においてもノットの多彩な才能が生かされており、ベルリン・フィルを指揮したリゲティの作品全集(Teldec)や、アンサンブル・アンテルコンタンポランとのエマヌエル・ヌネス作品集、ラッヘンマン作品集、ジョン・アダムズのDVD、クセナキス、ベリオほかの作品集といった現代作品や、バンベルク響とのマーラー、ブルックナー、シューベルト、ストラヴィンスキーの作品(Tudor)で高い評価を得ている。2016年には東京交響楽団とのブルックナー《交響曲 第8番》のCD(Octavia)をリリースした。

教育活動にも熱心で、2014年秋にユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者兼芸術顧問に就任し、マーラー・ユーゲント管とは2015年にツアーを行った。また、カールスルーエとルツェルンの音楽院でも教鞭をとっているほか、G.ドゥダメルを輩出した「マーラー国際指揮者コンクール」も統括した。

ジョナサン・ノット任期延長

  • 2017年度シーズンラインナップ記者会見

  • プロモーションビデオ

  • 音楽監督就任発表記者会見

Jonathan Nott Music Director

In April 2014, Jonathan Nott took over as Music Director of the Tokyo Symphony Orchestra performing the triumphant Symphony No.9 of Mahler for his inaugural concert with the orchestra. In October 2011, Mr. Nott made his debut with the Tokyo Symphony Orchestra, and was immediately offered the post of Music Director.

Jonathan Nott frequently guest conducts the world’s leading orchestras including the Berlin, New York and Los Angeles Philharmonics and the Royal Concertgebouw, Tonhalle, Chicago, Leipzig Gewandhaus, Dresden Staatskapelle, Bayerische Rundfunk Symphony Orchestras. In June 2016, Mr. Nott conducted Mahler’s “Das Lied von der Erde” with Vienna Philharmonic and Jonas Kaufmann, which was recorded for SONY Classical.

Jonathan Nott studied music at Cambridge University, singing and flute at the Royal Northern College of Music in Manchester, and conducting in London. His career began working at the Frankfurt and Wiesbaden Operas where he conducted all the major operatic repertoire, including a complete Ring Cycle with Siegfried Jerusalem. During this time he began an enduring collaboration with the Ensemble Modern. From 1997-2002 he was Chief Conductor of the Luzern Symphony Orchestra and between 2000-2003, Principal Conductor of the Ensemble Intercontemporain. Between 2000 and 2016, he was Principal Conductor of the Bamberg Symphony Orchestra and lifted the ensemble to a prominence acknowledged by their winning of the Midem Award for the best symphonic recording (of Mahler 9) in 2010. In January 2017, he commenced the position of Music and Artistic Director of the Orchestre de la Suisse Romande.

Mr. Nott is an inspiration to young musicians. In March 2013, he made his debut with the Junge Deutsche Philharmonic and, at the request of the players, was offered the Principal Conductorship which he takes up in the summer of 2014. His commitment to working with young players extends to his re-engagement with the Gustav Mahler Youth Orchestra, with whom he toured in 2015, and his continuing relationship with the Karlsruhe and Lucerne Music Schools.

Jonathan Nott has a distinguished recording career. György Ligeti became one of his mentors and, with the Berlin Philharmonic, Mr. Nott recorded the composer’s complete orchestral works for Teldec. Under the Tudor Records label, he has amassed an award-winning discography of works by Mahler, Bruckner, Schubert and Stravinsky recorded with his Bamberg Symphony Orchestra. In 2016, Mr. Nott and the Tokyo Symphony Orchestra released their first recording of Bruckner Symphony No.8 on the Octavia Records.

カレンダー・コンサート検索
Nov.2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT

出演者名、ホール名、楽器名から検索できます。

※複数キーワードを入力する場合 は、間にスペースを入れてください。