楽団について ABOUT TSO

東京交響楽団の歩み

1946年 東京交響楽団の前身 東宝交響楽団設立
1951年 「東京交響楽団」と名称変更
1956年 財団法人認可「財団法人 東京交響楽団」となる
1963年 22歳の秋山和慶がデビュー。その後音楽監督・常任指揮者に就任1964年経済的破綻から財団法人解散、楽員管理による自主オーケストラに転身
1976年 金山茂人が楽団代表になりその後楽団長に就任。初めての海外公演(北米)
1980年 「財団法人」再認可
1987年 専属合唱団「東響コーラス」を創立
1988年 横川 端(「株式会社すかいらーく」代表取締役会長/当時)が理事長に就任
株式会社すかいらーくによる財政基盤が強化される
1992年 大友直人プロデュースによる「東京芸術劇場シリーズ」開始
株式会社すかいらーくが「第2回メセナ大賞」受賞
当楽団への支援方法が高く評価される
1994年 第400回定期演奏会シェーンベルク歌劇「モーゼとアロン」(演奏会形式)上演
1996年 文化庁「アーツプラン21」発足に伴い最初の支援団体に選ばれる
1998年 東京オペラシティシリーズ開始。(特別協賛:(株)平和)
1999年 新潟市と準フランチャイズ契約を結び、定期演奏会や訪問コンサートを行う
2000年 第467回定期演奏会 ラッヘンマン:歌劇「マッチ売りの少女」を日本初演(演奏会形式)し、海外からも注目を集めた
2001年 創立55周年を迎える
日本初の「こども定期演奏会」を開催
2002年11月 川崎市とフランチャイズ提携を交わす
2004年7月 本拠地ホール・ミューザ川崎シンフォニーホールがオープン
こけら落し公演では、マーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」を演奏
2004年9月 ユベール・スダーンが2代目音楽監督に就任
川崎プレ定期演奏会を3回にわたりひらく
2005年2月 山下芳彦が楽団長に就任
2005年4月 川崎定期演奏会開始
2006年4月 創立60周年を迎える
2006年5月 創立60周年を記念して「北京で会いましょう」芸術祭参加
2007年4月 「0歳からのオーケストラ」をスタート。"未就学児の入場を可能にした演奏会"と大きな注目を集めた
2008年 定期演奏会での「シューベルト・チクルス」での演奏が、マスコミ各紙で08年ベストコンサートに選出される
2009年10月 大野順二が楽団長に就任
2010年7月 大連夏季国際芸術祭に参加 日本のオーケストラとして初めて、中国・大連市にて演奏会を行う
2011年3月 東日本大震災の影響により本拠地ホール・ミューザ川崎シンフォニーホールが天井仕上げ材落下の被害を受け、使用出来なくなる。
2011年4月 創立65周年を迎える
内閣府の認可を受け、「公益財団法人」としてスタート
2011年7月 中国・大連市「大連夏季国際芸術祭」に再招聘される。
2012年4月 川崎定期演奏会を横浜みなとみらいホールで開催する。
2012年9月 澤田秀雄(株式会社エイチ・アイ・エス代表取締役会長)が理事長に就任。
2013年4月 クシシュトフ・ウルバンスキが首席客演指揮者に就任。
2013年4月 本拠地ホール・ミューザ川崎シンフォニーホールがリニューアルオープン。
2014年4月 ジョナサン・ノット第3代音楽監督就任披露公演を開催
2016年4月 創立70周年を迎える
カレンダー・コンサート検索
Nov.2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT

出演者名、ホール名、楽器名から検索できます。

※複数キーワードを入力する場合 は、間にスペースを入れてください。