楽団について ABOUT TSO

オーケストラ・プロフィール

  • English

1946年、第二次世界大戦によって中断された音楽文化の再建と、新しい舞台音楽の公演を目標に「東宝交響楽団」として創立。1951年に「東京交響楽団」に改称し、現在に至る。歴代の指揮者陣には、往年の名指揮者アルヴィド・ヤンソンス、近衛秀麿や上田仁らが名を連ね、外来音楽家が珍しかった1950年代から世界的な演奏家と数多く共演する。指揮者ではマゼール、ヨッフム、フルネ、カザルス、独奏者ではバックハウス、オイストラフ、ケンプ、ロストロポーヴィチらを迎え、聴衆を魅了してきた。

現代音楽やオペラの初演に定評があり、主な作品には1940~50年代にかけてのショスタコーヴィチ「交響曲第7番~第12番」の日本初演、武満徹「弦楽のためのレクイエム」(1957年、委嘱初演)、シェーンベルクの歌劇「モーゼとアロン」(1994年、邦人初演、演奏会形式)、ラッヘンマンのオペラ「マッチ売りの少女」(2000年、日本初演、演奏会形式)、黛敏郎のオペラ「古事記」(2001年、日本初演、演奏会形式)、アダムズ「エル・ニーニョ」(2003年、日本初演)とオペラ「フラワリングツリー*花咲く木」(2008年、日本初演、セミ・ステージ形式)、ヘンツェのオペラ「ルプパ」(2007年、日本初演、演奏会形式)、ヤナーチェク・オペラシリーズがある。これらの活動により、現代音楽やオペラの初演に定評があり、これまでに文部大臣賞、京都音楽賞大賞、文化庁芸術作品賞、モービル音楽賞、サントリー音楽賞、川崎市文化賞など日本の主要な音楽賞の殆どを受賞。

2014年度シーズンより、ジョナサン・ノットが第3代音楽監督に就任。音楽監督ジョナサン・ノットと共に3年がかりで取り組んだ「モーツァルト 演奏会形式オペラ」や、ミューザ川崎シンフォニーホール開館15周年記念公演《グレの歌》はいずれも高い評価を得た。2019年には音楽監督ジョナサン・ノット指揮『マーラー:交響曲第10番&ブルックナー:交響曲第9番』が第31回ミュージック・ペンクラブ音楽賞「優秀録音作品賞」を、翌2020年には第32回ミュージック・ペンクラブ音楽賞「オペラ・オーケストラ部門」「室内楽・合唱部門(東響コーラス)」をW受賞した。また、音楽誌「音楽の友」の『41人の音楽評論家・記者が選ぶ「コンサート・ベストテン2019」』にて、最多の3公演が選出され注目を集めた。

ITへの取り組みにも積極的で、「VRオーケストラ」や「LINEチケット」の導入、日本のオーケストラとしてはじめて音楽・動画配信サービス『TSO MUSIC&VIDEO SUBSCRIPTION』をスタートしたほか、2020年3月にニコニコ生放送でライブ配信した無観客演奏会は約20万人が視聴し注目を集めた。

録音においては、TOKYO SYMPHONYレーベル「シューベルト交響曲集(指揮=ユベール・スダーン)」をはじめ、EXTONレーベル「ショスタコーヴィチ:交響曲第5番(指揮=ジョナサン・ノット)」、N&Fレーベル「ブルックナー:交響曲第7番、第8番(指揮=ユベール・スダーン)」、キングレコード、日本コロムビア等から多数のCDをリリース。映画やテレビでの演奏も数多く、中でもテレビ朝日「題名のない音楽会」は、1964年の番組開始時よりレギュラー出演している。

舞台芸術創造活動活性化事業として文化庁の助成を受け、サントリーホール、ミューザ川崎シンフォニーホール、東京オペラシティコンサートホールで主催公演を行うほか、2004年からは川崎市のフランチャイズオーケストラとして定期演奏会や特別演奏会、音楽鑑賞教室や市内施設への巡回公演などのコミュニティ活動を実施している。これらが高く評価され、2013年に川崎市文化賞を受賞。また、新潟市では1999年より準フランチャイズ契約のもと、定期演奏会や「わくわくキッズコンサート」、学校や病院で室内楽演奏を行い、東京都八王子市では2013年度より(公財)八王子市学園都市文化ふれあい財団と提携し、コンサートやアウトリーチなどを積極的に展開している。これら地域に密着した活動の一方で、海外においてもウィーン・楽友協会での公演(2016年)、日中平和友好条約締結40周年記念公演(2018年)等これまで58都市78公演を行い、国際交流の実を挙げてきた。

また、新国立劇場では1997年の開館時からレギュラーオーケストラのひとつとしてオペラ・バレエ公演を担当。さらに、子どものための演奏会にもいち早く取り組んでおり、近年では「0歳からのオーケストラ」(2007年~)が“次世代への音楽文化の伝承に多大に寄与している”として、2010年にひまわり褒章を受賞。サントリーホールとの共催による「こども定期演奏会」(2001年~)は、日本で初めての“子どものための定期演奏会”という、その斬新な発想が多方面から注目されている。

東日本大震災を機に、2011年5月から楽団員によるチャリティコンサート「Concert For Smiles」を定期的に開催。この募金は(公財)国際開発救援財団を通じて被災地の復興に役立てられている。

2012年9月には、理事長に(株)エイチ・アイ・エス会長の澤田秀雄を迎え、横川端会長、依田巽、平澤創両副理事長での体制に移行した。第3代音楽監督にジョナサン・ノット、桂冠指揮者に秋山和慶、ユベール・スダーン、名誉客演指揮者に大友直人、特別客演指揮者に飯森範親を擁する。


HP http://tokyosymphony.jp/

Jonathan Nott began his tenure as the 3rd Music Director of the Tokyo Symphony Orchestra in 2014 season. Mo. Nott and the Orchestra won the he Best Recording of Music Pen club Japan Award for the recording of Symphony No. 10 by Mahler and Symphony No.9 by Bruckner in 2018. Highlights of past seasons with Mo. Nott include Symphony 9 by Beethoven; Gurre-Lieder by Schoenberg celebrating 15th Anniversary of Muza Kawasaki Symphony Hall, TSO’s home; and Mozart’s Da Ponte Operas in concert style. In the orchestra ranking conducted by a music magazine in 2008, the Tokyo Symphony Orchestra gained the highest positioning among Japanese orchestras.

In 2018, TSO launched “TSO Music & Video Subscription”, first-ever digital project in Japanese Orchestras, which provides live-concert video and music as well as CD recording. In March 2020, the live-streamed concert without audience on nico-nico Live Channel which attracted more than 200,000 viewers nationwide, has been a mega-hit in Japan.

The Tokyo Symphony Orchestra has a reputation for giving first performances of a number of new contemporary music and opera. Some of the major new works that it has performed in recent years include Helmut Lachenmann's opera The Little Match Girl (2000, Japanese premiere, concert-style), Toshiro Mayuzumi's opera Kojiki (Day of the Gods, 2001, Japan premiere, concert-style), John Adam's El Nino (2003, Japan premiere), John Adam's opera A Flowering Tree (2008, Japan premiere, centre-stage style), Janacek Opera Series, Schubert's Symphony Zyklus (2008), Schoenberg Project (2011) and others, which have attracted attention in the music circle every year. Through these activities, the orchestra has received most of Japan's major music awards such as the Minister of Education Award, Ongaku no Tomo Sha Award, the Grand Prix of Kyoto Music Award, Mainichi Art Award, Agency for Cultural Affairs Art Award, Mobil Music Award, Suntory Music Award and the Special Prize of Kenzo Nakajima Music Award. In 2013, the orchestra received the Kawasaki City Culture Award for 2013, which is given to an individual or organization in recognition of their remarkable efforts in developing and advancing culture and the arts in Kawasaki City.

Since becoming the resident orchestra of the City of Kawasaki in July 2004, the Tokyo Symphony has been holding Kawasaki subscription concerts, the Masterpiece Classics series, music appreciation classes, citizen's concerts as well as visiting and performing at facilities in various parts of the city. It has also signed a semi-resident orchestra agreement with the City of Niigata, where it has been performing subscription concerts, special concerts, concerts for fifth graders and others since 1999. In 2013, the orchestra has agreed with a new partnership with Hachioji College Community & Culture Fureai Foundation.

The orchestra performs over 160 times a year, combining both self-produced performances and commissioned performances. It has been playing at New National Theatre, Tokyo's opera and ballet performances from January through March every year as one of the two regularly performing orchestras.

The Tokyo Symphony Orchestra has also worked on concerts for children from an early stage. It received the 2010 Himawari Medal of Honor in the Group Category, highly commended for “making significant contributions to carrying on music culture to the next generation” through the “Orchestra Experience from Age Zero” project (held since 2007). The “Subscription Concert for Children” series (held since 2001), presented in collaboration with Suntory Hall, has drawn attention not only from the music circle but also from various fields for its innovative idea of presenting the first subscription concert for children in Japan.

Outside of Japan, the Tokyo Symphony Orchestra has performed 78 times in 58 cities, commencing with the tour to North America in 1976. In October 2016, the orchestra celebrated its 70th anniversary and took a European tour including the concert at Musikverein Großer Saal in Vienna with Music Director Jonathan Nott. Also in August 2018, in commemoration of the 40th anniversary of the Conclusion of the Treaty of Peace and Friendship between Japan and China, the Orchestra had concerts in Shanghai and Hangzhou and received high praise.

The Tokyo Symphony Orchestra has also been actively engaged in recording and broadcasting projects. It has released albums from several labels such as TOKYO SYMPHONY Label, N&F Label, King Records, EXTON and Nippon Columbia Label. he orchestra won the 21st Music Pen Club Japan Awards three times (2009, 2010 and 2018) for concert performance and CD recordings. The orchestra also regularly performs on TV Asahi's programme “Untitled Concert”. T

The Tokyo Symphony Orchestra was founded in 1946 and called the “TOHO Symphony Orchestra.” The orchestra worked under the management of “Toho”, a motion picture company.

The orchestra has Kazuyoshi Akiyama and Hubert Soudant as Conductor Laureate, Naoto Otomo as Honorary Guest Conductor, and Norichika Iimori as Special Guest Conductor. The line-up of conductors who have conducted for the Tokyo Symphony Orchestra in the past include distinguished names such as Arvid Jansons, Hidemaro Konoye and Masashi Ueda.

カレンダー・コンサート検索
Nov.2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT

出演者名、ホール名、楽器名から検索できます。

※複数キーワードを入力する場合 は、間にスペースを入れてください。