お知らせ INFORMATION

サー・トーマス・アレン インタビューを公開|歌劇《サロメ》

media

2022.9.21

歌劇《サロメ》特設サイトにて、演出監修を務めるサー・トーマス・アレンさんのインタビューを公開いたしました。

ジョナサン・ノットと東京交響楽団とのプロジェクトに参加されるのは、モーツァルトの《コジ・ファン・トゥッテ》(2016年)、シェーンベルクの《グレの歌》(2019年)に続いて3度目になるサー・トーマス・アレンさんに、これまでの共演や新たに取り組む《サロメ》、歌手陣についてお話を伺いました。

ぜひご覧ください。

 

【NEW】 サー・トーマス・アレン インタビュー(2022年9月21日公開)

 

ジョナサン・ノットのインタビューはこちら:前編(2022年9月7日公開)/後編(2022年9月14日公開)

 

サロメ

R.シュトラウス:歌劇「サロメ」(演奏会形式)

11/18(金)19:00 ミューザ川崎シンフォニーホール
11/20(日)14:00 サントリーホール

R. シュトラウス作曲、歌劇《サロメ》(演奏会形式・字幕付 全1幕・ドイツ語上演)

指揮= ジョナサン・ノット
演出監修= サー・トーマス・アレン
サロメ= アスミク・グリゴリアン
ヘロディアス= ターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー
ヘロデ= ミカエル・ヴェイニウス
ヨカナーン= トマス・トマソン

ナラボート= 鈴木 准、ヘロディアスの小姓= 杉山 由紀
兵士1= 髙崎 翔平、兵士2= 狩野 賢一
ナザレ人1= 大川 博、ナザレ人2= 岸浪 愛学、カッパドキア人= 髙田 智士
ユダヤ人1= 升島 唯博、ユダヤ人2= 吉田 連、ユダヤ人3= 高柳 圭、ユダヤ人4= 糸賀 修平、ユダヤ人5= 松井 永太郎
奴隷= 渡邊 仁美

主催: ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎市文化財団グループ)(11/18)、公益財団法人東京交響楽団(11/20)
助成: 公益財団法人アフィニス文化財団(11/20)
後援: 日本リヒャルト・シュトラウス協会