楽団について ABOUT TSO

指揮者

  • English

ジョナサン・ノット 音楽監督

ジョナサン・ノット ©K. Miura

ジョナサン・ノットは2011年10月定期/川崎定期演奏会においてラヴェル「ダフニスとクロエ(全曲)」などを指揮して東京交響楽団にデビュー。この共演が決定的となり、翌2012年10月には次期音楽監督の就任を発表。2014年度シーズンより東京交響楽団第3代音楽監督を務める。

1962年イギリス生まれ。ケンブリッジ大学で音楽を専攻し、マンチェスターのロイヤル・ノーザン・カレッジでは声楽とフルートを学び、その後ロンドンで指揮を学んだ。ドイツのフランクフルト歌劇場とヴィースバーデン・ヘッセン州立劇場で指揮者としてのキャリアをスタートし、オペラ作品に数多く取り組む。1997年~2002年ルツェルン交響楽団首席指揮者兼ルツェルン劇場音楽監督、2000年~2003年アンサンブル・アンテルコンタンポランの音楽監督(2004年~2006年は客演指揮者)、2000年~2016年ドイツ・バンベルク交響楽団の首席指揮者を経て、2017年1月よりスイス・ロマンド管弦楽団の音楽監督を務める。

2010年、バンベルク響とのCD「マーラー:交響曲第9番」を世界で権威あるフランスのMidem音楽賞最優秀交響曲・管弦楽作品部門賞受賞へ導き、オーケストラの知名度を一躍広めた。古典から現代曲まで幅広いレパートリーと抜群のプログラミングセンスを持つノットは、その多岐にわたる活躍が評価され、2009年バイエルン文化賞が贈られた。2016年7月にバンベルク大聖堂にて開催された同響とのラストコンサートでは、大司教より功労勲章が授与された。2020年3月、第32回「ミュージック・ペンクラブ音楽賞(オペラ・オーケストラ部門)」を、東京交響楽団とともに受賞した。

ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、ニューヨーク・フィル、シカゴ響、ロサンゼルス・フィル、フィラデルフィア管、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、バーミンガム市響、チューリヒ・トーンハレ管、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、ドレスデン・シュターツカペレ、バイエルン放送響、サンタ・チェチーリア管など世界一流のオーケストラと客演を重ねている。2016年6月にはD.ガッティの代役でウィーン・フィルへ客演し、ヨナス・カウフマンと共演した。

レコーディング活動においてもノットの多彩な才能が生かされており、ベルリン・フィルを指揮したリゲティの作品全集(Teldec)や、アンサンブル・アンテルコンタンポランとのエマヌエル・ヌネス作品集、ラッヘンマン作品集、ジョン・アダムズのDVD、クセナキス、ベリオほかの作品集といった現代作品や、バンベルク響とのマーラー、ブルックナー、シューベルト、ストラヴィンスキーの作品(Tudor)をリリースしている。

教育活動にも熱心で、2014年秋にユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者兼芸術顧問に就任し、マーラー・ユーゲント管とは2015年にツアーを行った。また、カールスルーエとルツェルンの音楽院でも教鞭をとっているほか、G.ドゥダメルを輩出した「マーラー国際指揮者コンクール」も統括した。

ジョナサン・ノット任期延長

Jonathan Nott Music Director

Well known for the power, vigour and clarity of his interpretations of Mahler’s works, Jonathan Nott has been music director of the Tokyo Symphony Orchestra since 2014. In 2018, recording of Symphony No.10 by Mahler and Symphony No.9 by Bruckner won the Best Recording of the 31th Music Pen Club Music Award.

After studying music at the University of Cambridge, singing and flute at the Royal Northern College of Music in Manchester and conducting in London, he began his career at the opera houses in Frankfurt and Wiesbaden where he conducted all major works of the repertoire including Wagner’s complete Ring cycle.

The year 1997 marked the beginning of a special relationship with Switzerland: as principal conductor of the Lucerne Symphony Orchestra he took an active part in the inaugural period of the new KKL where he also performed with the Ensemble Intercontemporain founded by Pierre Boulez, and of which he was the music director from 2000 to 2003.

His sixteen years as principal conductor of the Bamberg Symphony Orchestra from 2000 until 2016 were filled with varied and enriching experiences: he created artist-in-residence programmes, went on several international tours with the orchestra, he received a Midem Award in 2010 for his recording of Mahler’s Ninth Symphony, and he launched the Gustav Mahler Conducting Competition from which have emerged some of today’s world famous conductors such as Gustavo Dudamel and Lahav Shani.

He was also appointed as Music and Artistic Director of the Orchestre de la Suisse Romande as from 2017 and had been principal conductor of the Bamberg Symphony Orchestra for 16 years.

He brings inspiration to young artists through his loyal and long term commitment to the Junge Deutsche Philharmonie and to the Gustav Mahler Youth Orchestra.

Jonathan Nott has a large catalogue of highly acclaimed recordings, including Ligeti’s complete orchestral works performed by the Berlin Philharmonic, the entire Schubert and Mahler Symphonies played by the Bamberg Symphony Orchestra, Mahler’s Das Lied von der Erde with the Vienna Philharmonic Orchestra and Jonas Kaufmann as soloist. His first recording with the Orchestre de la Suisse Romande of works by Richard Strauss, Claude Debussy and Gyorgy Ligeti was released by PentaTone in September 2018.

カレンダー・コンサート検索
Nov.2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT

出演者名、ホール名、楽器名から検索できます。

※複数キーワードを入力する場合 は、間にスペースを入れてください。