お知らせ INFORMATION

首席オーボエ奏者 荒木奏美が第27回出光音楽賞 受賞

news

2017.3.2

首席オーボエ奏者荒木奏美が、第27回出光音楽賞を受賞しました。
荒木奏美は2015年より東京交響楽団の首席オーボエ奏者を務めており、同年開催の第11回ソニー国際オーボエコンクール・軽井沢において日本人、アジア勢においても初の第1位(大賀賞)受賞。併せて聴衆(軽井沢町長)賞を受賞し大きな話題となりました。

「出光音楽賞」は、1990年に制定された出光興産株式会社主催の音楽賞で、主にクラシックの音楽活動を対象に、育成という観点から意欲、素質、将来性などに重きを置き、新進の音楽家を顕彰されている賞で、今回の第27回「出光音楽賞」では荒木奏美をはじめ、小林 沙羅(ソプラノ)氏、反田 恭平(ピアノ)氏の計3名が受賞しました。

「出光音楽賞」は当楽団からこれまでに第20回(2009年度)に首席オーボエ奏者荒絵理子、第23回(2012年度)に首席ファゴット奏者福士マリ子が受賞しております。

●荒木奏美 次の主催公演出演予定(オーケストラメンバーとして)
 3/26 名曲全集第126回

 B→C バッハからコンテンポラリーへ(リサイタル)
 4/18(火)19時 東京オペラシティリサイタルホール

●リンク
 第27回出光音楽賞 受賞者決定のお知らせ
 出光音楽賞 歴代受賞者

荒木