お知らせ INFORMATION

【クラシックはじめよう!】東京交響楽団×学習院さくらアカデミー はじめてのクラシック♪

news

2022.1.19

東京交響楽団は、Withコロナ下でも持続可能な新しい事業の一つとして、学習院さくらアカデミーと提携したオンライン講座を開設いたしました。
今回も一方通行ではない「対話と問答」を通した、一緒になって楽しめる内容にて開講いたします!

はじめてのクラシック♪ ~オーケストラと作曲家の素顔を入り口に~(申込方法・受付期間はリンク先でご確認ください)

本講座は土屋杏子(第1ヴァイオリン奏者)と佐藤雄己(事務局 チケット販売本部)が担当いたします。
弊楽団は、これからも創意工夫を凝らし、より多くの皆様へ、クラシック音楽の「面白さ」を伝えてまいります。

公益財団法人東京交響楽団

<3月7日 講座内容(予定)>

 ①担当者自己紹介
 ②東京交響楽団を例にしてオーケストラの解説とともに楽器紹介など
 ③LIVE配信ミニコンサート:ブラームス『ヴァイオリン協奏曲』よりカデンツァ独奏演奏(土屋)
  ・私とブラームスの不思議な縁
  ・カデンツァとは?ヨーゼフ・ヨアヒムという人物紹介とともに
 ④アートマネージメント:オーケストラ運営と事務局の機能(佐藤)
  ・1枚のチケットを買ってもらうために… ~小話から裏話まで~
  ・6G時代の文化芸術の強みとは、オーケストラの収益構造は変えられうるか、など

<3月28日 講座内容(予定)>

 ①変わり者と呼ばれた音楽家・ブラームスの素顔に迫る!
  ・ブラームスとワーグナー、そして哲学者ニーチェによる人間的な、あまりに人間的な…
 ②ブラームス「交響曲 第1番 第1楽章」の鑑賞(演奏会アーカイブ)と解説
 ③LIVE配信ミニコンサート:第2楽章よりヴァイオリン・ソロ(独奏部分)
 ④終わりに:5感が再現されうる技術革新の時代に第6感を刺激する生演奏の魅力
  cf.5/14東京オペラシティシリーズ第127回(ブラームス:交響曲第3番)