文化庁戦略的芸術文化創造推進事業報告

平成27年度 オーケストラのマーケティング・リサーチと芸術団体のための戦略プラン構築および実施事業

東京交響楽団では、文化庁の委託事業として、「平成27年度文化庁戦略的芸術文化創造推進事業」<オーケストラのマーケティング・リサーチと芸術団体のための戦略プラン構築及び実施事業>を前年に引き続き行いました。 東京交響楽団では、文化庁の委託事業として、「平成27年度文化庁戦略的芸術文化創造推進事業」<オーケストラのマーケティング・リサーチと芸術団体のための戦略プラン構築及び実施事業>を前年に引き続き行いました。
平成27年度は、新国立劇場、新潟市芸術文化振興財団、川崎市文化財団の協力を得て、地域・会場差、オペラ公演におけるオーケストラの位置付けなど、公演来場者の調査をさらにすすめました。その調査結果を「東京交響楽団のコンサート来場者およびサポート会員向けアンケート調査結果(概要)」として、ここにご報告致します。

平成26年度 オーケストラのマーケティング・リサーチと芸術団体のための戦略プラン構築事業

東京交響楽団では、平成26年度の新規事業として開始された文化庁「戦略的芸術文化創造推進事業」の採択を受けて、「オーケストラのマーケティング・リサーチと芸術団体のための戦略プラン構築事業」に取り組みました。
オーケストラをはじめとする実演芸術団体の鑑賞者拡大に向けてのマーケティング戦略、経営基盤等の強化のためのファンドレイジング強化のため、マーケティング研究会を立ち上げ、コンサート来場者や定期会員、サポート会員に対する調査を行いました。
その調査結果(概要)をここにご報告致します。