楽団について ABOUT TSO

専務理事・楽団長

Managing Director

  • English

大野 順二
Junji Ohno

大野順二

1961年(昭和36年)4月8日生まれ。秋田県湯沢市出身。1984年(昭和59年)玉川大学文学部芸術学科音楽専攻を卒業。10歳よりヴァイオリンを始め、15歳でヴィオラに転向。これまでに玉置勝彦、中山良夫の各氏に師事。1986年(昭和61年)4月に東京交響楽団に入団し、ヴィオラ奏者として22年間活躍したのち、2008年(平成20年)4月パーソネルマネージャーに就任。2009年(平成21年)10月1日付で楽団長、2010年(平成22年)6月23日付で専務理事に就任し、現在に至る。芸術家会議常任幹事、新宿区文化芸術振興会議委員、湯沢市ふるさと応援大使、世田谷区第3期文化・芸術振興計画検討委員会委員、NPO法人トリトン・アーツ・ネットワーク第6期評価委員会委員も務める。

Junji Ohno became the managing director of the Tokyo Symphony Orchestra (TSO) in October 2009 after serving two years as personnel manager. He is now the youngest managing director of a Japanese orchestra. Prior to his administrative position, he was a viola player for the TSO for 22 years.
Mr. Ohno brought the orchestra to five-city European Tour including the concert at Musikverein Großer Saal, Vienna with its Music Director, Jonathan Nott in October 2017 in celebration of its 70th anniversary. Under Mr. Ohno’s leadership, the TSO received Cabinet Office approval as a public interest incorporated foundation, effective April 1, 2011, which conferred upon the orchestra status as a nonprofit organization status in Japan.
Mr. Ohno was born in Yuzawa city, Akita Prefecture, in 1961. He started playing the violin at the age of ten, and turned to the viola at the age of fifteen. He graduated from Tamagawa University in 1984.

Explore More Musicians of the Orchestra

カレンダー・コンサート検索
Nov.2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT

出演者名、ホール名、楽器名から検索できます。

※複数キーワードを入力する場合 は、間にスペースを入れてください。